モノデアソブ

気になるモノ・コトを触ってやってみた備忘録ウェブログ

仕事の快適さを追求するならコレ!本気仕事ができるLenovo Yoga 7 Gen 8(AMD)をレビュー(Lenovo・Yoga・AMD・有機EL14型)

仕事が自宅でのリモート作業になってからはデスクトップPCに31.5型のU3219Qを繋げて4K環境で作業をしてます。4K環境で仕事をする理由は単純に表示できる情報量が多く複数の資料を表示しながら作業ができ効率が格段に良いから。でもたまにこの快適な環境から離れて小さなノートPCで作業をすることがあるんですが、ディスプレイに表示できる情報量が減って当然の様に作業効率は悪くなるんですね。ディスプレイが小さいので流石に4K表示も厳しくディスプレイサイズと情報量の塩梅のいいPCはないか探してました。

 

そんな時に見つけたのが14型で2880 x 1800表示可能な Lenovo Yoga 7 Gen 8(AMD) 。この解像度だとスケーリング125%で2304 x 1440表示となり、14型のディスプレイでも表示される文字サイズが丁度良く作業できるレベルかなというもの。

 

Lenovo Yoga 7 Gen 8(AMD)のスペック概要はこんな感じ。

CPU AMD Ryzen™ 7 7735U (2.70 GHz 最大 4.75 GHz)
OS Windows 11 Home 64bit
Memory 16 GB LPDDR5-6400MHz (オンボード)
Storage 512 GB SSD, M.2 PCIe-NVMe Gen 4 TLC
Graphics Card AMD Radeon™ 680M グラフィックス
Display 14" 2.8K OLED(有機ELディスプレイ) (2880 x 1800) 光沢あり, マルチタッチパネル, 100%DCI-P3, 400 nit, 90Hz
Battery 4 セル リチウムイオンポリマーバッテリー 71 Wh、電源アダプター65W
Wireless Wi-Fi 6E対応 (IEEE 802.11ax/ac/a/b/g/n準拠) 2x2 & Bluetooth®

注目ポイントは画面表示周りで有機EL 14型ディスプレイで2880 x 1800表示。他はメモリとCPU。8GBモデルだったら論外ですし、CPUもいま使っている ThinkPad X13 のRyzen 7 PRO 5850Uよりスペックダウンなら論外でした。Lenovo Yoga 7 Gen 8だとその辺はクリアだったので物は試しで購入することに。

いままで使ってた13.3型のThinkPad X13は左。14型のYoga 7 Gen 8との比較です。Yoga 7 Gen 8はベゼルが細いのでディスプレイサイズが大きくなってもThinkPad X13とさほど大きさは変わりません。Yoga 7 Gen 8は光沢ありディスプレイなので映り込みはあるんですが色がはっきり出て発色が綺麗。光沢ありディスプレイは買う前抵抗があったんですが、いざ使ってみると映り込みよりも色の出がくっきり黒もしっかり出るコントラストの高い色表現の良さが勝っていたので悩む必要は正直なかった感じ。

キーボードは6段配列の癖のない日本語キーボード、バックライト付き。打鍵感は可もなく不可もなく普通のパンタグラフ式キーボードな感じ。ただ僕がノートPCを使う時は外出先は別ですがだいたい使い慣れたワイヤレスキーボードを上に乗せて使うのであまりノートPC備え付けのキーボードは評価対象にはならないんですよね。

こんな感じです。愛用しているのはロジクールのMX KEYS mini。2年以上使ってきたので一部キートップの文字が剥げてきてますがサイズ感も質感もデザインも気に入っているので愛用してます。Bluetoothで繋がるので何にでも使えて便利。

Yoga 7 Gen 8で気に入っているのが利用スタイルが選べるところ。ヒンジの可動範囲が広いので上記写真の様に180度開くのは全然問題なく、

さらに開いて「テントモード」にもでき、

最後は360度開いて「タブレットモード」も可能です。寝ながら NETFLIX 鑑賞もできます。見た目はまんま14型のタブレットですが重量が1.49kgあるのでタブレットとしては重いので注意です。14型のノートPCだと1kgを切るものもある昨今だとPCとしても少し重いかなぁと。頻繁に持ち歩く用途を考えている場合は注意ですね。

購入したYoga 7 Gen 8のボディはアルミニウム素材が使われていて全体的に質感は良いです。

色はタイダルティール、深いグリーンで持っていない色のPCなので新鮮です。ボディは角を無くしたラウンドエッジ、表面の質感・肌さわりも良く持ち運びぶ感覚は良いです。スピーカーはキーボードのわきの左右に配置されてます。音質は中の上といった感じですかね、ノートだと思えば割といい分類じゃないかなと。

排気口はヒンジ側の背面に大きく配置されてます。本体左右ではないのでマウスを持つ手に排気口からの熱風が当たらない点は気に入ってます。ThinkPad X13は右側に排気口があってマウス操作の時に熱風が当たっていやだったんですよね。この構造は個人的にはかなり嬉しいポイントです。あ、でももしかするとノートPCを立てて使うクラムシェルだと使っているスタンド次第では排気ができるか気になるかもですね。

 

Yoga 7 Gen 8のインターフェイス周りは

  • USB3.2 Gen1 TypeA
  • USB3.2 Gen2 TypeC
  • USB4 TypeC
  • HDMI
  • microSDカードスロット
  • マイク/ヘッドフォンジャック

と、HDMIがあるので外部ディスプレイに接続する際でもUSBを消費しないのが嬉しいところ。USB TypeCが2ポートでTypeAが1ポートと今風ですが、仕事用PCで使うロジクールのUnifyingUSBレシーバーとUSBマイクはどちらもTypeAだったのでTypeAポートががもう1つ欲しかったかも。早いところすべてのUSB機器のポートがTypeCになればいいですよね~。

こんな感じでThinkPad X13 Gen2(AMD) から Yoga 7 Gen 8(AMD) に作業用のノートPC環境をチェンジしたんですが、いいですね。ノートPCだけで本気で作業するなら僕の場合14型でスケーリング125%の2304 x 1440表示が最高に快適です。

 

この Yoga 7 Gen 8(AMD)、購入した時の価格は12万円台。最近のノートPCは買いやすい価格で手に入れることができますよね。YogaシリーズはThinkPadより価格帯が低いのでスペックや見た目に不満が無ければ狙い目かもしれません。

Lenovo Yoga 7 Gen 8(AMD) の詳細情報と購入はレノボ公式Webページで確認

 

仕事部屋に新たな明かりを!モニターライトのBenQ ScreenBarを購入

パソコンで仕事をしているとモニター周りやキーボード周辺を明るくしたくなる事がありますよね。でも卓上ライトじゃないんですよね、机に物が増えてしまうので。そこで昔から欲しかったのがPCモニターの上部に乗せるモニターライトを購入することに。

 

モニターライトは探すといろんな製品が売られているんですが購入したのはBenQ ScreenBar。1万ちょっとするライトですが私でも知っているBenQとある程度名が通ったところの製品なので変なものではないだろうと期待しての購入です。

光源はLED。後程写真で説明しますが色温度は6,500K(寒色)から2,700K(暖色)までの調整が可能です。仕事等集中したい時はホワイト光の寒色、リラックスしたい時は電球色の暖色で使い分けるといいらしいです、がうちは常にホワイト光を使ってます。

モニターへの設置は超簡単で、ライトバー本体にアタッチメントを取り付け開閉式アタッチメントをモニター上部に載せて挟み込むだけ。アタッチメント自体が約350g程の重さがありモニターを挟み込むことで安定して固定できます。この状態でライトバー本体だけ回転させることで光の落ちる角度を調整できます。うちはほぼ真下に向けて使ってます。

アタッチメントがモニター枠を挟み込める可動範囲は約2cmから5.5cm程度。これだけ範囲があるので大抵のモニターには設置ができると思われます。滑り止めシートも貼られていたので軽く触った程度ではズレることはほぼ無いかなと。

ライトバー本体にはセンサー式のボタンが4つ。右から電源、自動調光、色温度調整、明るさ調整。電源はUSBからの給電式となっていて別途電源アダプター等は不要となってます。最近のモニターにはUSBポートが標準で付くことが多く、我が家のU3219QにもUSBポートは4つあるので接続には困らないですね。ライトバー本体のUSBポートはタイプCでした。

 

次は色温度について。

こちらが暖色の最大。

でこちらが寒色の最大。色温度は8段階で調整可能で本体の色温度調整センサーを長押しすることで暖色・寒色が切り替わっていきます。色温度調整ってみんなやりたいんですかね?正直なところ寒色だけあれば僕は十分。うちにある照明が皆色温度調整できるものではないこともあり豪華な調整機能だなーと思いながら実際は調整することなく使っている状態です。

31.5インチのU3219Qに載せるとこんな感じになります。PCに電源を入れたタイミングでモニターと同時にライトが付き、作業終了でPCの電源がきれると同時にライトも切れる。今ではあって当然の様に毎日使っているライトで、もうこれ無しでは暗くて作業できないくらいです。今思うと少し前に目が悪くなってたのはもしかして手元ライト無しの暗めの部屋でずっと作業をしていたからかも!

 

1点、ライトバーの難点も共有。色温度のところで写真を出していましたがライトバーの光がキーボードのキートップに反射して文字が見えずらくなる場合があります。キートップを見ながら打鍵している人だと少々打ちづらくなるかもしれません。その点だけは注意ですかね。

 

DELLの2023年版XPSデスクトップ XPS 8960 購入したのでレビューする(DELL・XPS 8960)

普段自宅で使っているデスクトップPCを新調しました。これまで使っていたのが DELL XPS 8930 で2019年の6月購入品。メモリ増設したり電源ユニット交換してビデオカードを交換したりして使っていたんですが、CPUが古くなってきたのもあり同じXPSデスクトップの XPS 8960 を購入。本日到着したのでまずは見た目のざっくりレビューを。

正面パネルには電源ボタン、SDカードスロット、イヤホン端子、USBポート x 3、USBタイプC x 1と必要なものは一通り揃ってます。XPS 8930とあるものは同等ですね。無くなったものと言えば光学ディスクドライブが今回のXPS 8960からは搭載されなくなっているのでドライブの開閉ボタンは無くなってます。

 

光学ディスクドライブ。とうとう我が家のPCで光学ディスクドライブ搭載機種は前使っていたXPS 8930が最後のPCになってしまいました。時代の流れですね、数十年前まではアプリケーションのインストールやCDにデータを焼いたりするのが当たり前だったので光学ディスクドライブは必須だったのに、急速にオンライン化され光学ディスクなんて過去の遺物ですよね。うちにも焼いたCDディスクは無くなってます。

 

HDDも手頃な価格で且つ昔に比べ本当に大容量になってますし、オンライン上で何でも取得できる様になったので昔ほど物理的なディスク、特に光学ディスクのお世話を必要としなくなりましたよね。そんなのもあってかXPS 8960には光学ディスクドライブは非搭載となってます。

XPS 8960の内部。とっても標準的でシンプルです。

電源ユニットが独自の様でここだけ独特ですけど光学ディスクドライブが無くなったのもあって中はさっぱりして広々。XPS 8930がコンパクトを突き詰めたおかげで内部がきつきつだったのと比べると気持ちがいいくらいすっきりしてます。前面と背面にファンが付いたのもあってエアフローにも期待です。

 

今回購入したXPS 8960は多少カスタマイズして

CPU 第13世代Intel Core i7-13700 (24M キャッシュ, 16コア, 2.10GHz - 5.10GHz ターボ)
Operating System Windows 11 Pro 64ビット 日本語版
Memory 32GB DDR5, 4800 MT/s
Hard Drive 1TB M.2 PCIe NVMe, SSD + 2TB 7200 rpm SATA HDD
Graphics Card NVIDIA GeForce RTX 4060 Ti 8GB GDDR6
PSU 1000W

リモートデスクトップのホストで利用できる様にWindowsはProに変更、メモリは初めから32GB、電源もあとから交換できなさそうなので1000Wタイプに変更。今回購入したモデルのグラフィックボードのビデオメモリが8GBなのがもしかすると残念な点かもしれませんが必要になればグラフィックボードは交換してもいいかなと。

 

去年の秋からやっているAIイラストはXPS 8930のビデオカードを強化して1枚20秒前後で出せるまでに改善されたんですが、途中で生成ツール変更したこともあり今は1枚のイラストに3分前後かかる様になってます。

www.monodeasobu.com1分を超えると少々長く感じるので今回のXPS 8960でどれだけ生成時間が縮まるのか楽しみにしているところです。この辺は次回以降のレビューで。

 

標準搭載のNVIDIA GeForce RTX 4060 Ti 8GB GDDR6のポート部分。

標準的です。

背面ポート部分。こちらも標準的で特に気になるところは無し。

 

メモリスロットは2本のみ。増設はできないので今後増やすなら交換ですね。SSDはもう1本させるんですかね。他気になったのはXPS 8930に無かった背面ファンが付いていたことが個人的には排熱周りで安心材料。と言うのもXPS 8930でAIイラストを生成しているとPC内の温度が上昇し天面ファンがブンブン回り続けていたので、サイドパネルを開け換気しながら使っていました。XPS 8960ではエアフローが改善されている様なので期待してます!

 

という感じで次は実際にXPS 8960を使ってみたレビュー等を行う予定です。

DELL XPS デスクトップ(8960)の詳細情報をWebページで確認

スッキリした配置で音響を楽しむ:KENWOOD LS-NA7とBQKOZFIN小型スピーカースタンドを組み合わせたテレビスピーカー構成

KENWOOD LS-NA7をテレビ用のスピーカーとして使い始めてから数カ月。テレビ視聴には十分な音質・低音で満足なんですが、スピーカーの高さが低い為に音の出る位置が下過ぎて気になってしまう。実はBRAVIA XRJ-55X90Jのスピーカーは高音域用のトゥイーターはテレビの上段に配置されていたので上から聞こえていたんですが、付け替えたLS-NA7が下にあり下から聞こえてくるとやはり違和感があるんです。

 

www.monodeasobu.com

先日紹介したLS-NA7をテレビスピーカーとして設置した話ですが、LS-NA7を小さな台の上に乗せてはいるんですが元のトゥイーターの位置には届かず高音域の音も下から聞こえてくる状態。

 

この状態を解決する為に購入したのがBQKOZFIN 小型 スピーカースタンド。見た目は薄い金属のコの字型形状で、その上にスピーカーを載せるタイプ。スピーカースタンドはいろいろ種類がありましたが、BQKOZFIN 小型 スピーカースタンドは18.5cm x 13cmと小型で同じく小型のLS-NA7と合いそうだったのでチョイスしました。

スピーカースタンドにLS-NA7を乗せテレビ裏に配置してみた図。

実際配置してみるとテレビ裏から壁までの隙間にも収まるコンパクトさで我が家のテレビ配置にはベスト。質感も安っぽくなく安価で手に入った製品の割には満足感は高いです。

 

テレビは年々大きなものが買いやすい値段で手に入る時代になってますが音質に関してはそれほど進歩が無く安っぽい音質のままな気がしてます。テレビがスマート化されYoutubeの様なアプリも実行できる様になってきたのでテレビで音楽を聴く文化も我が家では増えてます(特に子供たちなんですが)。そんな時に欲しくなるのが邪魔にならない小型のスピーカー。それを乗せるスタンドは我が家では必須アイテムになってます。気になる方は是非いかがでしょう。

SONY BRAVIA XRJ-55X90J のワイヤレススピーカーとしてKENWOOD LS-NA7を繋いでみる(テレビ・スピーカー・中華アンプ・Bluetooth)

以前購入したSONY BRAVIA XRJ-55X90Jに外部スピーカーとしてKENWOOD LS-NA7を繋ぐべく以前PC用アンプとして購入したことのあるFosi Audio BT10AをBRAVIA用に再び購入。このBT10AとBRAVIABluetoothで接続する予定です。改めてBT10Aの概要ですがBluetooth接続できる50W x 2出力の中華アンプでコンパクトながら重宝するアンプです。紹介記事は下記。

www.monodeasobu.com

Bluetooth接続できるアンプなのでテレビとの配線は当然不要。電源さえ用意できれなどこに置いても大丈夫な簡単設置です。無配線って楽でいいですよね。肝心のBluetoothのペアリングはXRJ-55X90Jで簡単に設定できます。接続が完了するとBT10Aはテレビの電源と連動するBluetoothスピーカーとして認識します。

BT10Aに繋げるスピーカーは KENWOOD LS-NA7。W102 x H181 x D158mm とこちらもコンパクトなボディの2ウェイバスレフ型スピーカー。発売が古いスピーカーなんですがこの形が好きで以前購入し今は使わずに保管してありました。

 

テレビと繋いで聞いてみた音質は標準のテレビスピーカーより低音は出ている印象。ただ中音が薄いのか人の声に厚みが少なく聞こえこもった感じの音質に感じます。アンプのツマミである程度音域は調整はできるので聞きなが微調整ですかね。ただはっきり言えるのはLS-NA7の音に慣れてしまうと元のテレビスピーカーで聴く音質は薄っぺらく貧弱に感じる為戻ることは出来なくなるかも。

 

他、気になった点が2点。BT10AやLS-NA7の機器そのものではないんですが、スピーカーの設置位置が元のテレビスピーカー位置より低いところに設置したので音の聞こえる位置が変わり聞き初めは違和感を感じた点。XRJ-55X90Jのスピーカーはテレビ上部で今回はテレビ台付近に置いたので当然ですが音の聞こえる位置は違います。音の聞こえる位置って気にしていませんでしたが実は重要なんですね。ただ不思議と自然と気にならなくなります。慣れと言うか習慣なんですかね、人の適応力はスゴイです。

 

もう1つの気になる点。Bluetooth接続の影響なのか若干ですが音が遅延します。地上波のニュース番組やバラエティ番組等では気にならないんですがゲームをしている時等で音のズレに結構気づきます。例えば、ジャンプして着地した際に聞こえる着地音がわずかに遅れて聞こえる、そんな感じです。どこが原因になっているのか知りたいので、次は同じスピーカーで光デジタルで繋ぐアンプでも試してみようと思ってます。

 

という事で、BRAVIAテレビにBluetoothでLS-NA7を外部スピーカーとして使った感想でした。音の遅延は気になりますが概ねスピーカーを交換して音の迫力は格段に良くなっているのでこれよりいい環境が来ない限りこのままで音を楽しもうかと思ってます。配線要らずなのも設置場所に困らないのでいいですよね~。ではまた次回。