モノデアソブ

気になるモノ・コトを触ってやってみた備忘録ウェブログ

川砂とくん炭でサンセベリアとザミオクルカスの葉挿しにチャレンジ

f:id:moiron:20210922233905j:plain

先日の予告通り東南アジアのYouTube動画を見て気になった土をよーく見ながら翻訳サイトを駆使、出てきた単語から砂と炭というキーワードが拾えたので割合は超適当で葉挿し用の土を作ってみました。

f:id:moiron:20210922234428j:plain

ミックスしたのは川砂とくん炭。

やってみて本当にこれでいいのか?と半信半疑ではあります。

怖かったので赤玉小も途中から混ぜました。

これで大事な植物達が駄目にならなければいいんだけど。。。

f:id:moiron:20210922234658j:plain

でも確かに色はこんな感じで黒っぽく、水を入れると薄黒い水が鉢から流れてきていたので炭で合ってる様に見えるんですよね。

清潔そうな土ですし余計な養分もなさそうですし。

水はけは良さそうですが果たしてこれでいいのかは1か月後のお楽しみで。

サンセベリアを株分け(Snake Plant・増やし方・水やり)

f:id:moiron:20210921230813j:plain

先週末に鉢から出しておいた子株付きのサンセベリアを乾燥させること2日。

大分乾燥していたのでそれぞれを鉢に植え、その後1日空けてから水をたっぷりあげて完成しました。

 

サンセベリアは園芸店に行くと株が売られているので増やそうと思えば買えるんですが、自分で増やす楽しみってありますよね。妻にもそう話すんですが全く興味が無い様で、そんなに増やしてどうするの?だって。まぁそんなもんですよねー。

 

YouTubeにある増やし方の動画を見て先駆者達のコツを勉強するんですが、私が特に好きな動画は東南アジアの人達の動画。超テキトーにやっている様に見えるんですが、数か月後の経過をみると物凄く成長してて植物達が生き生きしているんです。

 

しかも興味深いのがその時に使っている土。謎の泥みたいな、時にはその辺に放ってある砂みたいな。とにかく良く分からない土を使っているんですが、当の植物達は元気に成長しているという素晴らしさ!

 

園芸店に行って良質な土を買ったり、時にはあれこれブレンドして適切な土の様になった気でいましたが本場の人達が使っているものが植物にはしっくりくるんでしょうね。しかしあの土は一体なんなのか興味をそそられます。という事で次回は動画を見よう見まねで用意した土を使ってザミオクルカスとサンセベリアの葉挿しを紹介します。

サンセベリアの子株を株分けする(Snake Plant・増やし方・水やり)

f:id:moiron:20210918220732j:plain

サンセベリアの鉢で子株が2つ出てきていたので寒くならないうちに株分けしてみます。サンセベリアの株分けの時期は5月から8月の気温が15℃以上ある温かい時期と言われています。すでに9月に入ってますが気温はクリアしているので決行です!

f:id:moiron:20210918221222j:plain

土から出すとこんな感じで地下茎で繋がってます。

ハサミでカット。

f:id:moiron:20210918221920j:plain

子株が2つ取れました。

株を切り分けた後は1日程度乾燥させた方が良いと言われているので今回も日陰に放置。

明日、親株は元々の鉢に、子株達は新しく準備した鉢に植えていく予定です。

 

サンセベリアも好きな観葉植物で、丁度葉挿しもしています。

f:id:moiron:20210918222514j:plain

ザミオクルカスの葉挿しと同居中。

葉挿しは初めてやるのでどの程度水やりをしていいのか調べながらの試行錯誤中です。

この2つが同じ条件で葉挿し出来るのかも正直不明、分けておいた方がいいのかな。

一回成功すれば実績が付くので次からは安心なんですが、何せ初回なので謎だらけです。

何事もファーストは不安ですよね。

挿し木で増やし鉢上げしたアジサイのその後(挿し木から2カ月半経過)

f:id:moiron:20210918193148j:plain

今年の7月に挿し木を始めて8月半ばに鉢上げしたアジサイ達ですが、鉢上げしてから1ヵ月経過した最近では葉がモリモリ生い茂るまでに成長し立派なアジサイになってきました。元は茎に葉が2枚しかない寂しい状態でスタートしていたのに、よくここまで育ってくれました!

 

www.monodeasobu.com

 

鉢上げ時のアジサイ達はこんな感じで、半分にカットした2枚の葉しかなかったんです。

挿し木した当時、こんな姿で根も無く枯れないか心配でした。

f:id:moiron:20210918194413j:plain

それが今ではここまで葉が生い茂る様になりしっかり生きているのが分かります。

水はカラカラに乾く前に鉢の重さを確認しながら必要な時にたっぷりあげています。

一応この水やりの仕方で枯れずに育っているので間違いではなさそうです。

 

鉢が小さいので水やりは難しいですね。

もう少し成長したら一回り大きい鉢に移そうと思ってます。

枯らさない様に育てなければ。

ディフェンバキアカミーラを水挿しで増やしてみる(Dieffenbachia・水耕栽培・増やし方)

f:id:moiron:20210915204557j:plain

最近仲間入りしたサトイモ科のディフェンバキアカミーラ。

個人的にいいなぁと思う観葉植物は大体サトイモ科なんです。

葉の形が好きなんでしょうね。

f:id:moiron:20210915205656j:plain

ディフェンバキアカミーラは特に大きく育った時の姿と色合いが綺麗なんですよね。

大きく育てたいのと数も増やしたいので大きく育った枝をカットして水挿ししてみました。

発根を促進するための例のアレも入れてます。

約一か月程度で発根するらしいので楽しみです。

www.monodeasobu.com

 

見れば見るほどディフェンバキアはパーフェクトな観葉植物ですよね。

叶わぬ夢ではありますが観葉植物達の為の温室を作ってみたいなーと。

そんな場所ないんですけどね。