モノデアソブ

気になるモノ・コトを触ってやってみた備忘録ウェブログ

スーパーで買ったサトイモを栽培して7週目(里芋・鉢植え・観葉植物)

f:id:moiron:20210718103628j:plain

里芋を栽培してから7週目

クワズイモを育てる様になってからサトイモ科の植物が可愛かったので今度は分類的に同じサトイモ科になる里芋を育てています。本当に普通の里芋なので種イモはスーパーの野菜売り場から買ったものを使ってます。

 

www.monodeasobu.com

 

芽が出るところまでは水に付けて育て、芽が伸びてきた2週目くらいで3号程度の鉢に鉢上げ。今日でだいたい7週目ですが丁度いい感じの葉になって観葉植物としてこのまま成長をストップさせたいくらいです。調べてみると里芋は結構大きく育つ植物みたいで、あまり大きくしないくないんですが7号程度の鉢に移し替えようかなとは思ってます。

 

別に里芋を育てて食べようと思っている訳じゃないので小さく育てられないかなぁ。

f:id:moiron:20210718110310j:plain

観葉植物としてはこれ以上大きくしたくない

 

梅雨時期なのでアジサイの挿し木をしてみた

f:id:moiron:20210703114833j:plain

アジサイの挿し木

梅雨ド真ん中の季節ですがアジサイを増やすには絶好の機会なのでアジサイの挿し木をしてみました。アジサイの挿し木は今年が初めて。以前から梅雨時期に綺麗な花が咲くアジサイを見ていいなぁと思ってたんですが。

 

参考にしたサイトはこちら。

xn--m9jp9mi8fra1016gid0b.net

f:id:moiron:20210703115638j:plain

半日ほど水上げしたアジサイ

アジサイのサイトで調べて用意したアジサイの挿し穂。節目とかがある様なんですが良く分からないので適当に細いのと太いのを用意。アジサイの種類とか花の色とか、何も考えずに用意したのでどんなアジサイが育つのかは今の段階では不明です。

f:id:moiron:20210703120105j:plain

挿し木に使う鉢はプレステラ

挿し木用に鉢も用意していなかったので予備で買ってあったプレステラを使う事に。9cmタイプなので3号程度ですか、このプレステラめちゃくちゃ安いんです。一回り小さいタイプ(2.5号程度)だと10セットで1000円程度ですが、3号タイプだと10セットで220円程度。この金額の差は何なんでしょうね。小さいタイプは多肉植物で人気とかで需要と供給で吊り上がっているんでしょうかね。とにかく3号タイプはお買い得です。

 

土は鹿沼土オンリーで。赤玉だけとかバーミキュライトだけとか色々ある様ですが、これも予備で買ってあった鹿沼土小粒が残っていたので利用します。茎を斜めにカットして割り箸で土に穴をあけ挿して完了。本当にこれだけで根が張るのか心配ですが2週間から1か月で発根するらしので待ちます。

 

今住んでいるところには街の色々な場所に自然のアジサイが生い茂っています。少し離れた峠にも沢山アジサイがあってこの時期はとても綺麗です。住みたい条件っていろいろありますが私は緑が多い土地が条件の上位に入ってますかねぇ。

今週のお題「住みたい場所」

リモートワークに最適なサイズのPCモニターDELL U3219Qを1年使ってみた感想(IPS・USB Type-C・4K)

f:id:moiron:20210702105511j:plain

DELL U3219Q

自宅のPCモニターを去年春に買い替えてから約1年以上経過したDELL U3219Qですが平日ほぼ毎日使ってきたので感想をまとめておこうかなと。結論から言うと大変素晴らしいモニターです!どの辺が素晴らしいのか1点ずつ紹介します。

31.5インチで4K表示

最初にU3219Qで良かったと感じている点がモニターのサイズと解像度。以前使っていたモニターが27インチでWQHD(2,560×1,440)というものを使っていたので買い替える時は4Kモニターと決めていたんですが、インチサイズが小さいモニターで4Kだと文字が細かく小さくなってしまうので32インチを条件に商品を物色。条件にヒットするモニターとしてU3219Qがビンゴだったので購入の運びとなっています。

 

31.5インチのU3219Qで拡大縮小無しで4K表示し、モニターから60cm程度離れた位置に座って作業していますがUI上の小さい文字も問題なく読めています。これがもし27インチ以下のモニターだったら文字が細か過ぎて見づらかったかもしれません。32インチ程度で4K表示は個人的にベストな仕様なんじゃないかと思ってます。

IPS液晶で色味がどの角度でも綺麗

10年以上前に職場のモニターを実費で交換していいという職場があった(いま思うとなぜ実費?って思いますが当時は喜んで用意していた)のでDELLの安いフルHD 24インチモニターP2412Hを購入して持ち込んでました。USBハブ機能もあって職場にあったしょぼいモニターより数段格上だったんですがTN液晶でモニター正面に座っていても視野角が狭く白背景の部分だと上部や下部が黄色っぽくなってしまうんですね。正直これにはげんなりしました。やはりモニターはIPS液晶でないと個人的にはNGです。

 

U3219QはIPS液晶で正面に座っていれば当然問題ありませんが、大きく横にずれて見ても色の変化は少なく、というかほぼ気にならないので視野角と色の問題は無いと考えていいかなと思います。

豊富な入出力ポートを完備

U3219Qはとにかくポート類が充実しています。入力ポートとしてHDMIポート、DisplayPortポート、USB Type-Cポート。USBハブとしてUSB Type-Aが背面に2ポート、側面に2ポート。それと音声ライン出力端子。これだけあれば困るシーンは少ないんじゃないかと思います、まぁ贅沢言うならHDMIポートかDisplayPortポートがもう一つあると便利だったかなと。

 

自宅だとデスクトップPCとノートPCを接続したいので入力ポートは最低でも2つは必要で、もしPCがもう一つ増えた場合は空いているUSB Type-Cで接続することになりそうです。USB Type-Cでモニター接続、今じゃ当たり前の接続方法ですがUSBでモニターを繋ぐなんて数年前は考えもしなかったですよね。

本体もベゼルも薄型でデザインもシンプル

U3219Qは飾りっ気のないシンプルなデザインで、最近の流れに乗ってベゼル幅も薄く、モニター本体も薄いので恰好いいです。DELLのモニターは昔から使っていて変に凝ったデザインでもなく、かと言ってダサい感じもなく(これは個人差があるのかな)癖のないシンプルなモニターが多いので気に入ってます。

まとめ

2018年11月30日に発売されたU3219Qなので2年半が経過していますが、DELLの公式サイトで後継機を探すとまだ次のモニターは出ていない様です。8Kで50万円オーバーというモニターがありましたがそこまでいくとなかなか手が出る商品ではないですよね。U3219Qは10万円程度の価格なので格安モニターとは言えませんがスペックを考えると価格に見合った十分満足できるモニターだと言えると思います。

 

あとモニター関連でもう1点。だいぶ前からですが液晶が湾曲しているワイドタイプのモニターが発売されていますよね。まだ一度も使ったことがないので感想も何も言えないんですが、あれってどうなんでしょうね。湾曲している分モニターとしての奥行は増すので置き場は確保しなきゃ駄目なんでしょうけど、そもそも見やすいんですかね。気になりますが実際に買うとなるとチャレンジャーですよね。。。どうなんだろ。

MPM-1000Uとマイクスタンドで音声チャット環境を整える方法(USBコンデンサーマイク・ドライバ・使い方)

f:id:moiron:20210619173044j:plain

マランツプロ888M MPM-1000U

最近は自宅での作業が日常になっている人も一定数いるかと思いますが、その際に必要になるのがオンラインでのミーティング環境。ノートPCがあればカメラもマイクも付いているので一通り環境は揃いますが、ノートPCならではの音声が聞き取りにくいなどのクレームを頂くこともしばしば。

 

私の場合はノートPCを閉じてスタンドに置いてしまう(Macクラムシェルモードの様に)為にノートPCのモニター上部に付いているマイクが塞がれてしまい音声を拾いにくくなってしまう様です。

f:id:moiron:20210619174614j:plain

クラムシェルモードでスタンドに置いて作業するThinkPad

こんな感じでノートPCは閉じてしまうのでマイクが中に入ってしまい音声がくもって聞こえにくくなっているらしいです。こんな状態でも話している自分では分からないんですよね。一通り話し終わって「聞こえなかったのでもう一回いいですか?」と言われてしまうと「ええ~!」となる訳です。

f:id:moiron:20210619175352j:plain

使っているマイクとスタンドの製品パッケージ

なので少し前からマイクを別途購入してミーティングに参加しています。使っているマイクはマランツコンデンサーマイクになる「MPM-1000U」。USB接続ができて音声もばっちり入って購入し易いお値段と文句なしのマイクです。マイク単体では自立して設置できないのでマイクスタンドも合わせて使ってます。スタンドはポップガード付き三脚タイプのコンパクトなものを使っているので軽くレビューします。

f:id:moiron:20210619181242j:plain

MPM-1000Uの接続ポートはType-B

「MPM-1000U」は 先程も書いてますがPCとはUSB接続できるタイプのマイクなので接続で困ることは恐らくないかと思います。一般的にコンデンサーマイクは電源が必要になるはずなので製品によってはファンタム電源が必要になり面倒だったりしますが「MPM-1000U」はUSB接続なのでその辺は簡単に使えます。うちのWindows10マシンでは「MPM-1000U」をUSB接続した後は自動でドライバが設定されすぐに使える様になっていました。

f:id:moiron:20210619181710j:plain

スタンド設置した際のUSBケーブル接続イメージ

USBケーブルは製品に付属しているものを今もそのまま使っています。何でも無線で繋ぎたい性格の人間なのですが有線接続の製品なので仕方ないですよね、ケーブルをもう少し恰好いいものに変えようかなとか。

f:id:moiron:20210619182245j:plain

とにかく恰好いいマイクなのは間違いなし

マイクを交換してから実際に音声ミーティングをして声の聞こえ方を皆さんに確認 してもらっていましたがしっかり声は聞こえていた様です。ノイズも無い様でマイクとしての基本性能は問題ない認識です。それより何より見た目が恰好いいのが気に入ってます。

 

うちはただのシステム開発用の作業デスクなのですが、ポップガード付きスタンドに設置した「MPM-1000U」を置いているだけで何か別の仕事をしている様なデスクになってます!すばらしい~!クリアな音声とこの雰囲気で全部揃えても8,000円強となかなかのいい買い物でした。そうそう、「MPM-1000U」はちょっと探してこれを買う、と決められたんですがマイクスタンドがなかなか決まらず失敗覚悟で今使ているスタンドを購入しました。結果的に設置したマイクが倒れることも無く気に入ってます。スタンドに困っている方は是非。

シンプルでおすすめのマウスパッド ロジクール G240t レビュー

f:id:moiron:20210613112521j:plain

ロジクール G ゲーミングマウスパッド G240t

普段使っているマウスパッドがくたびれてきたので新しいマウスパッドを新調。今回はキーボードまで置ける大きなタイプではなくマウスのみ置く通常サイズのマウスパッドに絞って探したんですが、各メーカーから多くの製品が出ていたので悩んだ末、好きなメーカーの価格もお手頃な「ロジクール G ゲーミングマウスパッド G240t」をチョイス。

f:id:moiron:20210613113617j:plain

丁度良いサイズ感のG240t

マウスパッドで気になるのは表面素材とサイズ。G240tのパッド表面は説明によると「ゲーミングマウスのセンサーに最適化された表面加工」とされてますがクロス素材の様で適度な抵抗感のあるサラサラした素材。実際マウスを乗せて動かすと素の机で動かすより滑らかに移動できます。質感・マウスの操作感は満足。

f:id:moiron:20210613114637j:plain

ロゴ部分もきれいな加工

ネットのレビューを読んでいるとパッドの右下に配置された「G」のロゴマーク部分が反り返っているというレビューを見かけることがありますが、私が購入したパッドはそういった症状はなく裏も表もきれいなプリント加工がなされていました。改善されたんですかね。

f:id:moiron:20210613115055j:plain

パッド裏面は滑りにくい様ラバー素材になってる

一方、パッド裏面の素材は激しくマウスを動かしてもずれにくい様にラバー素材になっています。ほぼ滑ることはないので安定した設置が可能。もしこれでマウスパッドがずれる様ならむしろどんな使い方をしているのか逆に聞きたいくらい。

f:id:moiron:20210613115829j:plain

厚み1mmの極薄パッド

マウスパッドのサイズは340mm x 280mm x 1mm(幅x奥行x高さ)で個人的にベストサイズ。厚みが1mmと極薄なのも机の上に設置した際、見た目がシンプルなので高評価。購入してから1か月程度使用してますが不満は無し。あとはどれくらい耐久性があってこの操作感と質感を保てるのかですかね。ただ値段が1,500円弱と手頃な製品なので駄目になったら買い替えればいいだけという話もありますけどね。

 

一先ずマウスパッド購入で迷ったらロジクール G240tを使ってみるのもありですよ。